普段からバッテリーを長持ちさせるためにできること

2021.07.06 本部伊勢佐木モール店横須賀中央店スマホ販売バッテリー交換

ここでは、iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法をいくつか紹介します。大切なiPhoneを長く使用するためにぜひ試してみてください。

充電の頻度を減らす

充電の回数が多いとバッテリーの劣化が進みやすくなります。少しバッテリーを消費したからといってすぐ充電を行うのではなく、できるだけ30%以下になるまで使用してから充電するようにしましょう。

また、満充電(100%)になった状態で、さらに充電を続けるとバッテリーに負荷がかかります。100%になったら充電ケーブルを外すよう心がけましょう。

充電しているときはiPhoneを使用しない

バッテリーに使われるリチウムイオンポリマーは45℃以上で劣化が進みます。そのため、充電しながらiPhoneを操作するのは避けましょう。本体が熱くなってしまい、バッテリーに負担がかかって劣化する原因となります。

iPhoneを充電するときは操作しない、操作するときは充電ケーブルを外す、ということを意識してみてください。

バッテリーを最適化する

iOS13以降では機械学習機能を用いて毎日の充電の傾向を学習し、バッテリーの充電を最適化してくれる機能があります。この機能を活用すると、バッテリーの劣化を軽減でき、寿命を伸ばすことができます。

バッテリーを最適化する方法は下記のとおりです。

「設定」アプリを開きます。

「バッテリー」をタップします。

「バッテリーの状態」をタップします。

「最適化されたバッテリー充電」をオンにします。

「最適化されたバッテリー充電」がオンになっているときは、80%まで充電が完了したらその後は通常よりもゆっくりと充電が行われるようになります。iPhoneが満充電される時間はロック画面で確認することが可能です。すぐ満充電にしたい場合は、通知を長押しして「今すぐ充電」をタップしてください。

まとめ

伊勢佐木店、横須賀店ともにバッテリー交換も随時お受付させて頂いております。是非ご相談ください!

一覧に戻る